スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オタからさがし その4

 え~、相変わらず釣りにはイケてません。

やっとシフトが戻り、休みが取れると思った矢先に病欠者により休日出勤。

その上、休みが土日周りで家族サービス・・・。 容赦ねぇ~。


なので、またまたコレクション公開。

20120527.jpg

スミスのカタログ1985年

先のバルサ50を操るための名竿「スーパーストライク」のメーカー。

第二次バスブームの際はFO-60が定価の2~3倍で中古市場を売買するヒトがいたことが懐かしい。

20120527 (2)

20120527 (3)

20120527 (4)

しかし、当時はGC-55の方が人気だったような気がするが・・・。


そんなことは置いといて、私はスーパーストライクは持っていなかった。

同級生の釣友が持っていたのが羨ましかったことだけは忘れない。


当時はバスより雷魚がメインだったこともあり「マグナムハスキーⅡ」がすげー欲しかった。

で、第二次バスブームの時にはFO-60を探したが高くて買えなかった。


そうスーパーストライクなど買ったこともない!


「大人になったらFO-60とバスサ50で釣りするんだいっ!」

と言ってたケド、今もかなっていない。 ハズかしい。


今でもチャンピオングリップは「かっけ~っすよ」。って思いませんか?

今ではシングルハンドなど見ることもないしね。

軽量至上主義の現代では化石扱いだろう。 しかたないよね。


他には、こんなのもあった。

20120527 (5)

20120527 (6)

ハトリーズ。 現代にも生き残るトップウォータープラグ。

他には、

20120527 (7)


こんな時代を感じるワーム達。

正直、スミス取扱いのワームはあまり使ったことが無い。

あのころは、トーナメントワームとかジェリーワームの6インチがメイン。

4インチワームなど、ダレも買わなかったよ。


アタリがあったら糸を1~2m出して、十分呑ませないとフッキングしね~とかゆー

ガセを信じていた。


そんな時代。 今じゃ誰も信じない。


しか~し、表紙にも書いてある「イマジネーション(妄想?)」

これが今のバス業界に足らないじゃないのかな?


プロや名人のテクニック(シークレットともいう)をそのままマネて釣る。

現代人はそーゆーもんだ、と決めつけるメーカーさん。


イマジネーションを掻き立てる道具を創っていきませんか?

きっと寿命のなが~いお客様がついていきますよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

また、マニアックだぁ~(笑)

このへんは僕の知らない世界ですね!
でも、最近バス釣りをするんなら、こ~ゆ~トップの釣りがいいな~って思う今日この頃です。お金無いのでタックルは買えませんが(爆)

Re: No title

タクジグさん、どーもです。

おカネが無い? 私よりイイ道具持っている人が?

どんな豪邸建てたんですか(笑)。

No title

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。