スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月7日釣行記

 さてさて、今度こそ本チャンの釣行記です。

 2月6日、仕事は休日出勤のため残業などしてやるつもりなどありません。

 20:30には会社を出ます。いつものように家には戻らず直行です。

 連日の激務+急出勤でヘロヘロです。どこまで走れるかわかりませんが朝までに九頭竜川に着きたいです。

 垂井~関ヶ原~伊吹、雪はありますが道路には残っていません。

 「我の行く手を阻むもの無し」

 鬼門・琵琶湖に着きます。いつもこのあたりで睡魔に襲われます。

 バス釣り時代のなごりなのか、琵琶湖にくるだけで癒されてしまいます。

 ですが、今日のティンバーは違います。 「眠くね~」

 どんどん北上し敦賀に到着。来来亭で食事をし福井方面へ。

 ナチュラルハイな私は調子をこいて、途中下車します。

 ヤリイカ編突入~

 先日、O漁港でお隣さんに「K漁港も釣れるよ」との情報を得ていたのでココに決定。

 車は2台停まっていますが、突堤に人はいません。

 スタスタスタ、毎度風が強いです。 まずは港内の明るい所でラインの流され加減を確認します。

 やはり、かなり流されてしまいます・・・。そして海藻に引っかかったのでシヤックッたところ、

 「プツっ!」  「ハウっ、高 切れじやっ!」

 ラインは巻き替えたばかりなのに~

 システムを組み直します。 が、 「コロコロ~」 「ぽちゃん」

 はう~、佐藤のじゅるじゅる(ミニボトル)が強風にあおられ海に転落~。

 急いでタモを差し出しますが流れが速く、あっというまに届かない所まで~。

 メーカーさん。ボトルの形状の変更を提案します~。

 気を落としたままシステムを組んでいると後ろに人がきて先端に向かいます。

 「しまったー!」

 時間的にも、もう人はこないと思って余裕かましてました。

 システムを組み終えて先端に向うも、時すでに遅し。先端には竿が3本、3メートルおきに・・・。

 入れね~。  しかたなく横風モロうけの場所でメタルジグを投げます。

 チョン、チョン、ククッ~ピシッ! フッ!

 「また高切れじゃーん!」

 しつこいようですがメインは新品です。 メタルジグ代もばかになりません(泣)。

 急いでシステムをくんで、キャスト~!

 チョン、チョン、 軽く海藻に引っかかり~ピシッとあおると・・・。 「ククン」

 「よっしやー」 プルプルッ  魚のようです。

2011.2.8 (3)
 メバさんでした。

 「次~」
2011.2.8 (4)
 フグさんです~。 怒ってます?

 お隣さん。 ちっさいながらもヤリイカげっと。  結論!

 私のウデじゃエサにゃ勝てん!

 もうヨカです。

 明日の九頭竜戦のために休息です。 AM3:00就寝。5:00に目覚ましセットです。

 zzz~ はうっ!

 ろ、6時・・・。

 朝マズメには九頭竜川にいるつもりが・・・。やはり肉体は限界だったようです。

 急いで向かったのは、まずは高屋橋右岸。

 釣果情報では型は小さく、遡上してから時間のたった個体が多いことから下流域がいいかな? と。

 橋の下には車があったため、道路脇の雪をどかして駐車。 

 先行者3名、釣果なし。 ごあいさつをしてテトラに入ります。

 ミノーで探るも、相変わらず流れが弱く楽しくない・・・。

 やっぱり鱒類は流れの中のスジを読んで食わせたい。 河川工事のおかげで川は変わってしまい、

 川が直線化し底には堆積物が増え、遡上魚がたまる所がなくなり交通事故的な釣果しか望めない。

 地元、長良川も同じ状態でサツキマスが釣りづらくなりました。

 常連者と初心者の釣果差もあまりないのが現状です。

 話しはそれましたが、移動を決行。

 右岸堤防を上がりますが、まだ雪が残っていて車が停められません・・・・

 先週こなくてよかった~。 1台も置くトコなかったでしょう。

 福井大橋左岸もいつも車を停めるトコには先行者が・・・。 他の所は雪で農道が通行不可!

 探しまくって、福松大橋にたどりついた。

 直後にアングラーがきたため急いで川へ・・・。

moblog_7ec31de1.jpg

 
 話しにきいたとうりの雪中行軍。 1歩1歩、足が膝上まで沈んでいきます。(カメラで撮ったのは容量が大きすぎて貼り付けられませんでした。)

 先行者の足跡にはカンジキの跡も・・・ほしい。

 先行者の足跡の上を行くも、ズボッとはまります。 

雪がゆるんだのか、ワシがデブなのか? はまってばかりで進みません。

 そういえば以前、御母袋ダムに行ったときも体重調整しないといけないと思ったのを思い出しました。

 目の前のポイントまで40分ほどかかったでしょう。やっとついた所はイイかんじの流れと水深です。

 10メートルの移動も10分以上かけながらさぐりましたが、ノーバイト・・・。

 いつしか晴れ間もでてきて、条件が良くなってきたところ・・・、

 「ポタポタ、ドサッ」 やべー、雪がとけてきた!  

 納竿です。 戻りはもっと大変で、なかなか上がっていけません。

 途中、タクジグさんに実況中継しながら、1時間かけて車にたどりつきました。

 メタボオヤジ、ギブアップ!  

 アタリはなくとも集中できる精神状態であったけれども、仕事で酷使した身体は限界を超えてました。

 釣具屋Pによって、メタルジグを補充した帰り道、アジを確保しようとG漁港によるも・・・、

 またもラインブレイクで買ったばかりのジグをロストしてノ―フィッシュで釣行を終えました。

 当然、帰り道は3回ほど睡魔によるダウンを重ねて、朝帰りでした~。

 教訓「楽しい釣行は、健全(健康)な身体から。」
  よい子はこんなむちゃしたらダメだぞっ!

                                              おしまい。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。