スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月28日釣行記

そろそろアオリも大きくなったかな~。

っと、1週間ウキウキしっぱなし。

27日の仕事の終業を待ちに待った・・・のだが。

27日までに作らねばならぬ資料がまったく手に着かず未完成・・・。

そもそも、半分くらい作ってたモノにダメだしされたのが24日。 ムリ!


てなもんで、かなりブルー。

最近、情緒不安定で今日もこの件のせいで、

①予定どうり釣りに行く。
②まっすぐ帰って資料作り(USBは禁止になったケド)
③この休み中に出勤して資料作り

をズーっと考えてたら、おかしくなった。

海に向かって走ってはいるのに、釣りをする気になれない。

帰りたくてしょうがない。

無理やり走って、1箇所目のK漁港に到着。なんかメンどい。

やっとこさ車から降りて釣りを始めるも、

自分が外堤と並行にキャストしてんのに、内堤側から垂直にキャストするバカ。

そりゃカラミますよ。3度も。

そのたび挨拶もないもんだから殺意が芽生えましたよ、マヂで!

精神状態が悪化したので場所移動。でも釣りする気になれない。


遠出するのもメンどいのでT岩で仮眠。

車も1台もなかったので1時間位寝て、釣り座を確保するつもりでいた。

しかし、アラームには気付いていたが身体を動かす気になれない。重症だ。

そうこうしてると車が4台やってきたので、しかたなく移動。

この時期は釣り人も多いので、今さら(AM4:00)メジャーな所は入れまい。


遠出はしないつもりが三里浜・・・。砂浜で波を見たくなった(昭和か?)。

膝をかかえて海を見てたら、やっと正気に戻った。 やっぱ海が好き!

竿をだして1投目、波打ち際でひったくるようなアタリ。

ノらずにミノーが飛んできた。 が、これが最初で最後。

この間のガルプの残りを投げたがアタリなし。

ナブラも見えず。 サーフにはまだ早いのか?

魚は諦めてアオリ狙いで、そのまま鷹巣の磯へ。

1投目から・・・、
20120928 (2)
幸先よくゲット。

現金なもので、釣れたら楽しくなってきた(仕事を忘れた)。

小移動しながら・・・、
20120928 (3)
真っ黒になってます。(怒ってる?)

しかし、その後は風とウネリでエギが流されて釣りにならなくなった。

とりあえずミノー・バイブ・ワインド・ジグは投げて青物いないことを確認して終了。

戻り道、S漁港に寄った。

釣り人が少なく、水も鷹巣より澄んでいてゴロタがよさげにみえた。

ゴロタ+海藻にキャストしてフォール。

1回目のシャクリの途中、ひったくるアタリ。とゆーかシャクリ中にフッキング。
20120928.jpg

10年以上まえ、エギが流行りだしたころはエギをダートさせた瞬間、

アオリが突進して抱くことがあったが、流行とともにスレてきてそんなことはなくなった。

どんだけ高活性?

2投目も同様に1シャクリ途中にひったくり。(君らはエソか?)

しかしここでぱったり終了。風もあったが、ついてくるイカもいなくなった。

たまたま高活性な2ハイ。 今の自分には「神様の贈り物」に感じた。

完治したところで帰路についた。


しかし・・・、体調万全なトキほど大暴走。

帰り道、滋賀県山東町のショートコースでPM2:30からゴルフ

9ホールのアプローチ距離のコースを3ラウンド(お1人様)。

冷静に考えて・・・、


私、どっか壊れてます!

おしまい
スポンサーサイト

9月4日釣行記

 やっと釣りにイケました。

まるっと3カ月ぶり。今回のテーマは「リハビリ」。

なんせ3カ月の引きこもり。しかも1カ月近く続いた片頭痛と吐気で最弱モード。

しかも海に落ちたタモの補充もできてない(心の傷も癒えてない)。

お気楽に釣れるモノならサイズも魚種もこだわらない。

その上、安全第一。磯歩きはしない。

これ以上、海に落とさない(泣)!

と、まあ大ざっぱな目標で福井に向かいました。(もちろん仕事終わりに)


とりあえず旬と呼ぶには早いが、釣果情報著しいアオリの新子を狙いに〇ノ漁港に入る。

先行者2名。ガイドに糸を通してエギだけ持ってスタート。

1投目・・・、フオール・シャクシャク。 フオール・シャクシャクシャク・・・。

「クイッ」 を!当たった。 でもノらず。

2投目、おなじく2回目のシャクリで「クイッ」。

ピシッ! 今度はノりました。

でもエギだけ持って・・・。カメラ忘れました。

1時間ほどで7ハイ。サイズはやっぱり小さいです。

持って帰るには寂しいので、オールリリース。(この時は余裕かましてました)


さて朝はドコでやろう? あてもなく車を進めます。

途中気付いたのが、釣り人があまりいないコト。

漁港も人気磯場の〇岩も、ダレも乗っていない。

一瞬、〇岩ならアオリ・カサゴ、あわよくばハマチもある・・・、

とも思ったが、逆に狙える魚種が多いと欲張って何も釣れないってコトも多々あるのでパス。

青物のベストシーズンには早いと思うし、ジグを投げてると

釣りのテンポが狂って、アオリのようにステイやフオールの釣りができなくなるしね。

今日のワシ冷静じゃん!

自画自賛しながら選んだスポットはIK場。

ここも多魚種が狙えるが、数投で探れるのでリズムが狂うまでは投げまい。

最初はシーバス狙いにミノーとシンペンとバイブを5投づつ。

ノーバイト。

じゃあエギ。 1投目から「クイッ」っとノりました。

サイズは同じくらいのリリースサイズ。

カメラ持ってたケドまだ余裕♪。

3ハイ釣ったところで少し仮眠。と思ったが、蚊の猛攻に会い眠れない。

虫よけはやってたがお構いなし。「田舎の蚊はワイルドだぜぇ~」


仕方なく釣り再開。1投目から・・・
20120904.jpg

アジです。風が少しでてきたので狙いを変えて正解でした。

3匹釣れたところでアタリが無くなった。夜も明けてきたが、

ヒトも増え、風も強くなってきた。釣りづらい・・・。

少し濁りも見える。

あれほどアタリのあったアオリもぱったり無くなった。

ここでいつもなら回遊待ちでねばるのだが今日は余裕がある。

三里浜に移動! で、
20120904 (3)
キス。
20120904 (4)
フグ。

まあ、ハヤリだしねチョイ投げ(といってもジグ竿)。

以前からガルプの投げ釣りは暇つぶしにやってました。

キスが流行ってますが、なんでも釣れますよガルプ!

カワハギも何枚も釣ったコトがあるので、次はカワハギゲームくるかもです?


でも、朝マズメをはずしたのでキスは3匹キープとリリースのピンキス2匹で終了。

仮眠をとって撮影用アオリ狙いでG漁港。 風が強いです。

20120904 (5)

コロッケサイズ2ハイキープ。

よく見ると親指サイズもいっぱいいた。まだシーズンには早いですね。

アオリの撮影もできたことだし、帰路につきました。

今年は数少ない釣行も貧果だったので、小物でも満足です。

リハビリにはなったでしょう。


し・か・し、またワルイことが発生!

亡父の負の遺産がまた発覚。もしかすると釣りイケないかもです。

厄年終わったつもりでも、ツキのない人生は変わらないようです。

幸運のブレスレットすら買えそうにありません。

おしまい。

5月31日釣行記

はぁ~、気が重い・・・。

後述しますが、心が根元からポッキリと折れてます。

思いだすのもツライです。


さて、今年2回目の釣行。 さっさと仕事を終わらせて(ほったらかして)いざ、日本海!

どこに行こうかスゴ~く悩みました。


昨年に続き、O島の連敗。上州屋メールでの敦賀西岸メジロ情報。越前ヒラマサ情報などなど。

車を走らせながら考えていると・・・、「あ、ガソリン半分っかねぇ~」。


GSのプリペイドも残高少ないし~、とか悩んでるうちに睡魔に襲われた。

大概、仕事最終日は早く帰る(?)ために休憩返上。


シエスタ(お昼寝)必要なメキシカンな私にとって、

休憩時間少ないと釣り場まで辿り着けません。


しおかぜライン手前のローソン駐車場で仮眠。

1時間後にアラームセットするも、ガン無視。

2時30分でした。(いつものこと)


急いで車を走らせますが、T岩は車3台あったのでスルー。

O島やS里浜だと、帰りのガソリン足らないといけないのでO崎に決定。


車は1台。多分釣り座はあるだろう。


久しぶりとはいえ、ココの岩は斜めっているので歩くのがシンドイ。痩せなければ。


道具をセットしたころに空が明るんできた。

第1投、当然ヒラマサ狙いでポップクィーンを投げる。


しかし足場が高いので、すぐに水面を飛び出してしまう・・・。

波もなかったので1段下に下がって数投・・・。反応なし。


ミノー投げたり、ジグ投げても反応ない。 

「今日もハズした」


とんがった岩をマタイで投げていたので、尻が痛くなってきた(三角木馬プレイじゃないよ)。


ジグミノーを投げた後、尻の位置を変えていると・・・、事件は起きた。

「カラン、カラカラー」

「ん?なんか落とした?」


音のある先を見て、目が飛び出そうになった。

「タモが落ちてく~」

手を出しては空振り、足を出しても空振り(手足短け~よオレ)。

そしてスローモーションのように海に落下。


急いでルアーを回収するも遠投したばかりで巻いても巻いても戻ってこない。

「ハイギヤ欲しい・・・」


何とか回収し、すぐさま落下地点にフリップ。 空振り。

再度フリップ。サラシで見づらい・・・。 空振り。


何度も投入するも、引っかかってくれない。

そして、とうとう見えなくなった。 

「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁl~」

声とも嗚咽ともいえない叫びと共に、何かが根元からポッキリと音をたてて折れた。


立ち上がれないほどの絶望感。 そう、よく考えたら道具の中で一番高いのがタモだったのだ。

竿やリールは2万以下に対し、総額3万くらいの高級品。


磯で使うのに、長くて軽いシャフトをネット探しまくってみつけたメジャクラの6m(白)。

上州屋で買った青いフレーム&ネット。

同じく上州屋にあったシャフトに取り付けてベストに引っかけるヤツ(名前しらん)。


正直、使用期間1年半。 必要性を感じない程度の小物しかすくってない。

「元をとってないんだよ~!」

しばらく放心状態だったよ。 

いつもなら「ケセラセラ~」(なんくるなるさ~)って言うんだけど、


今年こそは竿を新調することを目標にしていたのに、タモの買い直し・・・。

しかも高額。 あ~、もう、ホントに心が折れたよ。


もう、暫く釣り行けないよ。ホントに。


だから、さすがに今日ボウズ=今年釣果ゼロになったらマズイので、

気力を振り絞って

20120531.jpg

チビガシラ6匹に癒してもらって、さっさと帰りましたよ。


多分、しばらく釣りには行けません。

おしまい

5月14日釣行記

「・・・。」

夜仕事が終わってから、朝寝するために福井へ行ってきたぜ~

ワイルドだろ~


とゆーわけで、ボウズ。


O島にいったが、ダレも釣れてなかった。

お隣さんに聞いたら、「先週は大きいの釣れたよ」。  よくある話。


月曜の釣行は釣れないジンクス更新中。 (やっぱ金曜、死体にムチうって行けばよかった)


夜中3時に渡って、3時半から釣り開始。


尺メバル~シーバス~アオリ~尺アジ~青物~鯛~チヌetc

頭の中は五目釣りならぬ、7目釣り。 しか~し全てノーバイト。

(風あったから、エギは投げてないけどね)


明るくなって気がついたのが、少し濁ってる。 アンド、ベイト見えない。

ナブラもどこにも見えない。


7時半くらいになって、足元に小さなベイト数匹。 エサにもならね~。


ふて寝してやりましたよ。わざわざ福井まで来て・・・。


戻り道、九頭龍川見ると濁ってる。 雨降った? 田んぼの水?


バスだったら、田んぼの水は致命的。 海にも影響あるのか?(農薬だし)



三里浜あたりだと、濁りは無い。 やっぱり川の影響だ。

10時ぐらいだったので、青物はいるはずもない。 

遥か遠~くに鳥山が見える。 カヤックが欲しいぞ!


ガルプ投げてみたケド、フグですら1回アタッたのみ。


夕方どっかでやろうかと思っケド、風が強く白波が立ってきたので諦めた。


なんか眠い上に、初釣りでボウズで落ち込んでて文章として成り立っていない。


うん、寝よう。 厄年おわっても運も実力も現状維持。

おしまい

12月29日釣行記?

 一昨日、来年の目標みたいなのを書いたのだが・・・。

今を生きる自分としては、夢見る少女じゃいられないってコトで逝って行ってきた。

ホントは昨日の方が海況・天候ともによかったのだが・・・、

疲労回復に2日間を要してしまった。不甲斐ない・・・。衰えを感じます。

ドーピングが必要だな。


でも正直、行くかどうか悩んでいた。 釣れる気がしないから。

例年よか水温が高いそうだが、このクリスマス寒波で一気に低下。しかも大荒れ。

でも天気予報見てると、昨日から波風治まっているようで、

「最後のチャンスかも?」 ってなことで行くことにした。

悩みながら、仕事の集計フォーマット作り終えたのが午前2時。

夜、メバルも釣りたかったが、寒さに慣れていない身体に雨予報はツラすぎる。

朝マズ、青物狙いに絞った。


眠いものの、疲れはだいぶマシになっていたので福井まで直行。

波も低いようなので、懲りもせず○島へ。

先行者が歩いて行きます。おバカは自分だけではないようです。

準備をしてて気づいたのが、強風。

予報では「南の風やや強く、のち強い北風」 とか言ってたので、暫くしたら一旦おさまると思っていた。


しかし、その考えはアマかった。 磯にのると体が風に持っていかれる。

ライトショアジギ竿が風でひん曲がる。

「強風やなくて暴風じゃん」

波自体は1~1,5m。しかし風にあおられて、頭からザッブ~ン状態。

手も顔も濡れて寒くなってきたころから波が高くなってきた。

全くバイトもなく、ものの1時間で場所移動。

次、三里浜。 なんか白く濁ってます・・・。

「終わった」 釣れる気しね~わ。

とりあえずIKBにも行って投げたが、完全ノーバイト。

しかも30分もしないうちに、前方の海況が急変。

雷ピカピカ・白波・雨のカーテンで先が見えねえ。

風がおさまるどとろか、かなり気圧差のある前線がぶつかってくるカンジ。

ソッコー車に戻って荷物を片したトコで、雨がザーザー降ってきた。

昼すぎには帰らなければいけないので納竿とした。

往復7時間。釣行1,5時間。 これが2011年の釣り納めとなった。

今年の釣りは惨敗としか言いようがない。

行けない・釣れない・釣りできない。 3重苦。

なんの収穫もなく、釣り場の減少化もあった。

タクジグさんのように沖に出ることも検討しないと、貧果しかないようなきがする。

もしくはエキスパート並みのヨミと判断能力を身につけなければならんかな。

どっちもムリだけどね。 カネもなけりゃ、運もない、センスもない、ときたもんだ。

ゴルフを始めたのは正解かも? 違う趣味でウサを晴らすのもアリだな。

来年も遊ぶぞー!

おしまい。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。