スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶり

今日は体調もよいので久々の更新。

ここ1カ月、片頭痛・吐き気・眼痛時々緑内障みたいなの。

前触れもなく体調急変。

釣りどころか、買い物以外自宅待機(ゴロゴロしてるだけ)。

更新するネタもなければ、パソコン見てるとすぐに目が見えなくなるので

他人様のブログチェックもなし。

病院でMRI・MRAとって調べてもらったが、若い女医がろくに見もしないで

「片頭痛ですね」

わかっとる。「原因は?」

「諸説あるので判りません」

諸説の1つや2つ言ってみろ

「治療はどのようにしていくのですか?」

ひどくなったら薬を飲んで下さい。

「今現在の症状はどうすればよいのですか?」

「薬がほしいの?」

「収まるならなんでもいいです。初めてなんで聞いてるんですが・・・」

「入院しても治るわけじゃなし・・・。どうしたいですか?」

「治したい」「それじゃあ、再発防止は何を気をつければいいんですか?

「ひどくなる前に休むことですね~」

「・・・」もぉええ。話にならん。


そんなカンジで女医に小馬鹿にされつつ安静にしてました。(もう、そこの病院へは行かん)



くだらないグチはこのくらいにして、ビッグニュース(バッドニュース)。

なにやらUFMウエダが事実上の倒産とな。

釣り業界も厳しいとは思いましたが、まさかのUFMウエダ。

実際に釣りをしている人が獲るために作り、

値段は高いが10年たっても大丈夫! 的な品質。

実際、SSS-82 しかもってないが、買ってから16年未だ現役。

100本を超えるサツキマス。

110センチのビワコオオナマズ。

130センチの草魚。

数えきれない数のブラックバス。etc

竿が変わるとこんなに釣果(特にバラシ)が良くなるんだと学んだ竿。

たくさんの思い出を作ってくれた。一番の右腕。

まだ欲しいシリーズもあったが、新品の購入は不可。無念。


モデルチェンジばかりで宣伝ばかりのメーカーが生き残り、

質実剛健なメーカーが廃れていく。

実直な自営業者がチェーン店に追いやられる。

これが今の日本文化なんですかね?

約10年前のズイール。 その後のザウルス。

自分の中では「本物」を作るメーカー。

ズイールの時はタックルケースを数種を急いで買いにいった。

ザウルスの時はブルーザー(ワームね)を15パックとブラウニーを買った。

竿やルアーはお金がある時に~、といいつつ実現できず。

貢献できない貧乏人が言うのもなんですが、とても残念ですね。

UFMウエダ社の方々も無念だと思いますが、

「いままでありがとう」と言いたいです。

おしまい
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

病院の女医、なかなかの曲者でしたね。困った奴ですね!

ウエダ倒産してたんですか!?
コアなファンだけでは潰れちゃう世の中なんですかね~(ノ_δ。)

Re: No title

タクジグさん、お久です。

女医というジャンルは昔から興味なくてよかったです。
幻滅するトコでした。

ウエダ、ほんとに残念です。
私も自営業時代、消費者に求めていた理想と現実のギャップには
驚かされましたから。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。